FC2ブログ

プロフィール

ナックらいおん

Author:ナックらいおん
ライオン オス 12歳

スクールNACの
マスコットキャラクター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

消しゴムの使い方

夏休みが終わり、受験生はいよいよ超本気モードです。

前は言われても自習に来なかった生徒も、自分から自習に来たりとなかなかの豹変ぶりですw


さて、先日授業後に講師の吉田さん(男)と話していたところ、

目から鱗の話がありました。ちょっとご紹介させてください。


今回のブログは、以下、吉田講師の気付き:「消しゴムの使い方」です。

-------------------------------------------------------------

消しゴムの使い方を教わったという方はいますか?


持ち方や字の書き方など、鉛筆の使い方を指導される場面は多くありますが

消しゴムの消し方などを言われることはほとんどないはずです。

字を上手に書くことは重要なことですし、キレイであるに越したことはありません。


これに比べて、消しゴムは「字を消せればそれで良い」くらいにしか認識されません。

「消しゴムをちゃんと使う」という意味すら、イメージしにくいはずです。


「消しゴムをちゃんと使う」をイメージするために、

「消しゴムをちゃんと使えていないケース」を考えてみましょう。

目立つケースに下記のようなものがあります。


① 間違いを指摘されると、すぐに消してしまう

② 綺麗に消せていない

③ ノートやプリントをいつも汚してしまう(しばしば破いてしまう)


このようなことなく、消しゴムが使えて入れば、「ちゃんと使える」と言って良いかと思います。


中には、全く消しゴムを使わないという生徒もいますが、これは良いとも悪いとも言いがたいです。

スペースを広く取り、意識的に間違いをストックしている場合にはGOODですが、

ただのものぐさだと、BADです。


閑話休題

私の経験上、消しゴムを「ちゃんと」使える生徒は、必ずといって良いほどよく勉強します。

そこで、考えを巡らせてみたところ、消しゴムをちゃんと使う生徒に共通するのは

こういうことではないかと思います。


① 間違いを的確に見ぬく

② 間違いにたいして冷静でいられる

③ 間違えたことを素直に受け入れ、改善をはかる


いずれも、成長に欠かせない要素です。


字を綺麗に書くように矯正することは、難しいように思います。

これに対して、消しゴムの使い方は、意識するだけでも改善されます。

思い当たる人は、ぜひ実践していただきたいです。


蛇足ですが、消しゴムの種類は随分豊富にあります。

キャラクターものや、香りつき消しゴムなどの「おもしろ消しゴム」はなかなかに工夫されています。

しかし、これが遊び道具になってしまったり、友達と交換してコレクション化してしまうと本末転倒です。


なにより、「おもしろ消しゴム」は綺麗に消せないことがほとんどですw

-------------------------------------------------------------

かく言う私も、吉田講師に言われるまで、あまり意識していませんでした。

成長の種は、いろんなところに落ちているということですね!