FC2ブログ

プロフィール

ナックらいおん

Author:ナックらいおん
ライオン オス 12歳

スクールNACの
マスコットキャラクター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ブログ更新


久々のブログ更新です。本当に久々です。

いつも連絡事項しかないというお叱りは重々に受け止めております。

本当に申し訳ありません…。


さて、スクールNACでは、緊急事態宣言に伴い、下記期間を休校とさせていただきます。

詳細はHPにてご確認をお願いいたします。

----------------------------------------------------------


4月8日〜5月6日

以上
----------------------------------------------------------

また連絡事項ですね…。ごめんなさい↓

これでもブログを一応見てくれている人がいるのが驚きです。

心からありがとうございます!


わかりました!

学校等の休校措置や外出自粛要請に伴って

おうちで暇を持て余しているであろう我らが可愛い生徒たちに

童話を読ませて(書かせて?)いただきます。

そうしますっ!

これでブログ更新の件は許してくれたりしません??


はじまりはじまり〜♪


● 3人のレンガ職人 イソップ童話より ●


ある旅人が、新しく訪れた街の外れを歩いていました。

旅人はマントを羽織っていますが、筋肉質な体は隠しきれません。


しばらく歩くと、道の脇にしゃがみ込んで、不満げにレンガを積んでいる一人の男に出会います。

男は少し不健康そうで、気だるげに手を動かしています。


旅人は男のそばで立ち止まり、声を掛けることにしました。


「何をしているのですか?」


男はチラっと目線を投げて寄越すと、面倒くさそうに答えました。


「何をかって?見ればわかるだろう。レンガを積んでいるんだ。馬鹿なことを聞くんじゃないよ。」


腰を拳で叩きながら、男は辛そうに立ち上がり、汚れた両手を見せつけて来ました。


「なんたって、俺がこんなことをしなくちゃならないんだ。

まったくついてないったらありゃしない。レンガは重くて腰は痛くなるし

手は汚れるしでろくなことがありゃしない。少ない給金でやってられるかってんだ。

そのうちもっとマシな作業場に回してもらって、楽がしたいぜ。」


旅人は、不健康ダル男に掛ける言葉が見つからず、答えてくれたお礼だけを言ってその場を去りました。


少し進むと、今度は熱心にレンガを積んでいる別の男に出会いました。

細マッチョです。ボディービルというよりはフィジークな感じですが、なかなかやりそうな男です。


先程の男とは明らかに違う雰囲気を不思議に感じて、旅人は男に声を掛けることにしました。


「何をしているのですか?」


男が答えます。


「仕事中なんだ。壁を作っているのさ。」


旅人は男の腰や手に目をやりました。

引き締まったウエストに、グリップを握りまくって厚くなった手の皮を決して見逃しません。

にわかではないこと明らかです。イケてる男です。イケ男です。


「それは大変ですね。さぞやお疲れのことでしょう。」


イケ男は元気よく立ち上がって、腰に手を当てて背筋を伸ばします。

ついでにスクワットを3レップ行います。手抜きのない、美しいフォームです。


「そうでもないよ。仕事のおかげで家族を養っていけるんだからね。

真面目に壁さえ作っていれば、子供たちを腹いっぱいにしてやることができる。

子供たちの顔を想像するだけで、疲れなんてどこかにふっ飛んじゃうさ。

それにこのご時世、仕事を見つけるのだって一苦労だ。

文句どころか、感謝しかないよ。」


旅人は、イケ男に感謝と励ましの言葉を残して、その場を去りました。

こころなしか足取りが少し軽くなったように感じます。

そういえば、昨日のスクワットはちょっとやりすぎだったのかもしれない…。


更に進むと、マッスルハッスル、テストステロンフルフルでレンガを積んでいる

いやむしろレンガから積んでくれとせがまれている男

レンガとエンジョイしているゴリマッチョに出会いました。


隠そうとしても隠しきれない大胸筋と上腕二頭筋、三頭筋はまさにゴリラの証です!

下半身は言うまでもありません。

ゴリラはしゃがんでいるんじゃない、ずっと空気椅子状態だったのです。

盛り上がったハムストリング筋は彼が勝者であることを雄弁に物語っています。


我慢しきれず、旅人はゴリラに声をかけます。


「ここでいったい何をしているのですか?

レンガを積んでいるんですか?

壁を作っているんですか?

お疲れですか?

休憩しますか?

プロティンですか?!」


ゴリラは悠然と立ち上がります。

一息つくと、自然にフロント・ダブル・バイセップスのポーズを取ります。

そこから流れるような動きでフロント・ラットスプレッド!


「ウホ?何をいってるんだウホ!?

こいつは壁じゃないウホ!

歴史に残るグレートでビッグな大聖堂だウホ!

大聖堂が出来上がれば、世界中の人が祝福を受けられて、みんなが幸せになれるんだウホホ!!

この素晴らしい偉業に携われるなんてウホはウホウホなんだウホ〜っ!!」


旅人は、感動を言葉にすることができません!

ゴリラ師匠に称賛とありったけの感謝の言葉を伝えて、元気いっぱいに歩き出しましたとさ。


終わり



非常に示唆に富む童話でしたね。

みなさんどんなことを感じとれましたか?


「ゴリラは実は優しい性格だ。」

間違いではありませんが、この文章に根拠を求めるのは厳しいかもしれません…。


「ゴリラにプロティンを渡し忘れている。」

いい答えですね。しかし、それは細部の観察であって、文章全体の読解とは言えませんね。


「バカでいるためにはタフじゃなきゃいけない!」

そうです!そういうことです!2億ゴリラです!個人的にはそれを正解にしたいです!


えっと…その上で、他にも大事なことが隠れているかもしれませんので

よかったら、ぜひ各自で考えてみてくださいね。



こんなんで許してくれます??
スポンサーサイト



コメント

Secret